日韓演劇交流センター
日韓演劇交流センターについて 韓国現代戯曲集 韓国現代戯曲ドラマリーディング 韓国演劇データベース 事務局
リンク

韓国現代戯曲ドラマリーディンング
エクストラエディション

2018年3月23日(金)~25日(日) シアタートラム

 

ぼんくらと凡愚

등신과 머저리(1980年作品)

3月23日19:00 25日13:00

「銃を持って強盗する奴だけが罪人か? この世には、権力と派閥頼みに、合法的に強盗を働いている奴はいくらでもいる」(『ぼんくらと凡愚』)

70年代初頭、韓国の新聞一面を飾った二人組の連続殺人犯。獄中で意気投合、出獄後、四回の犯行に及ぶ野良犬のような人生。事件担当の捜査官が、ある時は舞台監督として、被害者を生き返らせ、犯人と共に実況見分、劇中劇を演じるなど笑いを交えつつ辿り直す。
被害者の、凶悪犯の崖っぷちのすさまじい「いのちの声」。愛する者に容赦なく発せられる銃声……。現代社会の不合理な構造と矛盾を抉り出す社会風刺劇であり、告発劇である。

作 金相烈(김상열 キム・サンヨル1941~1998)

1960年代から演劇活動を開始、70年代の軍事政権下では上演が禁止されていたブレヒトに心酔。80年代にはミュージカル「エビータ」をはじめ、「ジーザス・クライスト・スーパースター」の演出で韓国ミュージカル界を主導。98年に亡くなるまで、パンソリのオペラともいうべき唱劇の現代化から、社会風刺劇、楽劇、マダンノリなどの大衆劇に到るまで、多様なジャンルの開拓と発展に先駆的役割を果たした劇作家・演出家である。

訳 津川泉
演出 シライケイタ(温泉ドラゴン)

出演
阿岐之将一(ワタナベエンターテインメント)★ 
東谷英人(DULL-COLORED POP) 
井上倫宏(演劇集団円)
沖田愛(高岡事務所) 
柏木俊彦(第0楽章) 
北澤小枝子(ジンギーザップエンタープライズ)★ 
喜多村千尋(劇団東京ヴォードヴィルショー)★ 
秦由香里
寺本一樹(スタッフ・ワン)★ 
山崎薫(ワタナベエンターテインメント)★ 
米山実(劇団文化座)

 

クミの五月

금희의 오월(1988年)

3月24日14:00 25日17:00

「愛する兄さん、一握りの土と、木の葉、草に集(すだ)く蟲の音も、この地では、すべて兄さんとひとつです」

1980年5月光州抗争で戒厳軍との銃撃戦により道庁で射殺された大学生李正然(イ・ジョンヨン)の妹クミの手記をもとに劇化。市場のおばあさんが軍に殺されたのを機にデモに合流した兄。市民軍と戒厳軍の攻防、市民軍の内部分裂まで描き切った臨場感あふれるマダン劇。一連の「五月劇」の出発点であり、頂点に立った傑作である。抗争に身を投じ、仲間を捨て、逃亡した作者だからこそ、書くことができた比類なき切迫感――!

作 朴暁善(박효선 パク・ヒョソン1954~1998)

『朴暁善全集』(全3巻:2016年10月)の発刊の辞には色褪せた指名手配写真が掲載されている。市民軍広報部長として活動後、最終決戦前夜、逃亡した当時のものである。一年七ヶ月の逃亡の末に自首。釈放後、83年劇団「トバギ」創立。88年「クミの五月」を発表。国内巡演後、96年、アメリカ、カナダなど七大都市巡演。98年肝臓癌で死亡。抗争で生き残った負い目を担いつつ、光州抗争の「永遠の広報部長」とも呼ばれている。

訳 津川泉
演出 鈴木アツト

出演 
今井美佐穂(第0楽章)
岡田篤弥(劇団 球)★
小飯塚貴世江(クリオネ)
清水ひろみ 
橘麦
中村万里
成澤布美子★ 
西井裕美★
根本大介
広田豹
村山かおり(劇団東演)★
吉武大地(東宝芸能)

★=育成対象者

 

シンポジウム
『光州事件』その後の民主化運動

3月24日16:00
パネリスト= イ・サンウ キム・ソヨン 真鍋祐子 河野孝
司会進行= 西堂行人

チケット

料金:各1,500円(全席自由)
シンポジウムのみの場合:500円(全席自由) 
※ドラマリーディングの半券提示の場合は無料になります。

【チケット取扱】
世田谷パブリックシアターチケットセンター
TEL:03-5432-1515 (10:00~19:00 年末年始をのぞく)
パソコン:http://setagaya-pt.jp
携帯:http://setagaya-pt.jp/m/

 



日韓演劇交流センター
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-35-17 東京演劇アンサンブル内
TEL:03-3920-5232 FAX:03-3920-4433 URL http://www.tckj.org/  akira@tee.co.jp

第8回韓国現代戯曲ドラマリーディング公演情報
こちら

第7回韓国現代戯曲ドラマリーディング公演情報(14/12/18)
こちら

第6回韓国現代戯曲ドラマリーディング公演情報(12/12/30)
こちら

SPAC『ロビンソンとクルーソー』
1月19,20,26,27日 静岡芸術劇場
※韓国を代表する演出家、李潤澤が演出
(12/12/30)
こちら

第5回韓国現代戯曲ドラマリーディング(11/1/15)
公演情報 こちら

日韓演劇交流センターの住所が移転しました。(09/11/13)こちら