日韓演劇交流センター
日韓演劇交流センターについて 韓国現代戯曲集 韓国現代戯曲ドラマリーディング 韓国演劇データベース 事務局
リンク
日韓の演劇交流を推進する目的で、日本の〈日韓演劇交流センター〉、韓国の〈韓日演劇交流協議会〉が相互に隔年で行っているドラマリーディング。5本の戯曲を翻訳し(戯曲集として出版)、うち3本をリーディング上演します。
2002年10月、気鋭の劇作家を招いて第一回ドラマリーディングを開催、 2003年11月に韓日演劇交流協議会がソウルで現代日本戯曲ドラマリーディングを行いました。
その後、2005年2月(東京・シアタートラム)、2005年10月(ソウル)、2007年2月(東京・シアタートラム)、2007年11月(ソウル)……とつづき、現在は2013年に日本で六度目となる「韓国現代戯曲ドラマリーディング」を準備中です。

2007年11月ソウル開催予定
2007年2月東京
2005年11月ソウル
2005年2月東京
2003年11月ソウル
2002年10月東京
これまでの上演リスト(Vol.4以降、近日UP予定/12.07.04)
韓国現代戯曲ドラマリーディングVol.3<東京> 
2007年2月2日〜4日 シアタートラム
ドラマリーディング
『山火(やまび)』車凡錫(チャ・ボムソク)◇翻訳=木村典子◇演出=石澤秀二
『人類最初のキス』 高蓮玉(コ・ヨノク) ◇翻訳=山野内扶◇演出=笠井友仁
『0.917』李鉉和(イ・ヒョナ)◇翻訳=鄭大成◇演出=中野志朗
『離婚の条件』尹大星(ユン・デソン)◇翻訳=津川泉◇演出=森井睦
『呉将軍の足の爪』 朴祚烈(パク・ジョヨル)◇翻訳=石川樹里◇演出=鄭義信
シンポジウム
【韓国の近代劇の始まり】 パネリスト◇呂石基(ヨ・ソッキ)、林英雄(イム・ヨンウン)、司会=大笹吉雄
主催/日韓演劇交流センター◇ 共催/世田谷パブリックシアター
平成18年度文化庁芸術団体人材育成支援事業
-
韓国現代戯曲ドラマリーディングVol.2<東京> 詳細
2005年2月18日〜20日
シアタートラム
ドラマリーディング
『自転車』作/呉泰錫(オ・テソク)◇翻訳/木村典子◇演出/石澤秀二
『鳥たちは横断歩道を渡らない』 金明和(キム・ミョンファ) ◇翻訳/石川樹里◇演出/ふじたあさや
『豚とオートバイ』李萬喜(イ・マニ)◇翻訳/熊谷対世志◇演出/鐘下辰男
『エビ大王』洪元基(ホン・ウォンギ)◇翻訳/馬政熙◇演出/木村真悟
『真如極楽ーこころとかたちー』 李康白(イ・ガンベク)◇翻訳/津川泉◇演出/森井睦
シンポジウム
【戯曲と上演】 パネリスト◇呉泰錫、李康白、ふじたあさや 司会/西堂行人
主催/日韓演劇交流センター◇ 共催/世田谷パブリックシアター
平成16年度芸術団体人材育成支援事業
-
-韓日演劇交流評議会主催<ソウル>
現代日本戯曲のリーディング公演&シンポジウム
2003年11月12日〜15日 韓国国立劇場・小劇場 ほか
日本からは劇作家として鐘下辰男氏、宮沢章夫氏、松田正隆氏、平田オリザ氏、
センターからは大笹吉雄会長、森正敏氏が招かれました。
ドラマリーディング
『ルート64』作/鐘下辰男◇翻訳/石川樹里◇演出/朴章烈(パク・チャンリン)
『ヒネミ』作/宮沢章夫◇翻訳/朴泰圭◇演出/沈載祭(シム・ジェチャン)
『沈黙と光』作/松田正隆◇翻訳/宋宣浩(ソン・ソノ)◇演出/崔蓉勲(チェ・ヨンフン)
上演
『マダンノリ』作・演出/孫振策(ソン・ジンチェク) 国立劇場内特設テント
『ソウル市民1919』作/平田オリザ◇演出/李潤澤(イ・ユンテク)スターシティアートホール
シンポジウム 韓国国立劇場・小劇場
発表1 大笹吉雄「現代日本戯曲の流れ」
発表2 金文煥(キム・ムンファン)「韓国で公演された日本演劇の成果」
発表3 森正敏「日韓演劇交流の未来」
総合討論 (大笹吉雄、金文煥、森正敏、徐淵昊(ソ・ヨノ)、李勝葉(イ・ソンヨプ)
-
-
-韓国現代戯曲ドラマリーディングVol.1<東京>
2002年10月11日〜13日
杉並区/大学生協会館地下ヴァーシティホール
『代代孫孫』作/朴根亨(パク・グニョン)◇ 翻訳/熊谷対世志◇演出/林英樹
『狂ったキッス』 作/曹廣華(チョ・ガンファ)◇ 翻訳/木村典子◇演出/吉村八月
『パボカクシ』作/李潤澤(イ・ユンテク)◇ 翻訳/金成輸◇演出/石澤秀二
『無駄骨』作/張鎭(チャン・ヂン)◇ 翻訳/青木謙介◇演出/小松杏里
『愛を探して』作/金光林(キム・カンリム)◇ 翻訳/石川樹里◇演出/内田透
10月12日〜13日 李潤澤のワークショップ
シンポジウム:「民主化以降の韓国若手劇作家の活躍と位置づけ」
パネリスト
林英雄(イム・ヨンウン◇演出家)、 金潤哲(キム・ユンチョル◇演劇評論家)
石澤秀二(演出家)、 大笹吉雄(演劇評論家)、 西堂行人(演劇評論家)